パパ活相場のえぐすぎる現実!内容別・年代別・地域別にお手当金額を徹底紹介

パパ活の年齢別・地域別お手当相場

これからパパ活を始めようと考えている初心者の方なら
「お手当は普通いくらもらえる(渡すべき)だろう?」と相場が気にはなるはず。

この記事では相場の金額を
・内容別
・年齢別
・地域別
に徹底解説!

また、相場より良い条件でパパ活できると評判のおすすめパパ活アプリも紹介します。

使うパパ活アプリが決まっていない方は、おすすめのパパ活アプリだけをまとめた「パパ活アプリおすすめランキング」を参考にしてください。

また、以下の記事ではパパ活経験者がパパ活のお手当金額の相場を徹底解説しています。

パパ活経験者が解説!パパ活相場&お手当の条件別・年齢別金額

2022年パパ活のお手当相場は下がってる?

お手当の相場が下がってきていると噂のパパ活ですが、実際2021年~2022年にかけて相場はやや下落傾向にあるようです。

2年間でパパ活の相場が下落した大きな原因は、新型コロナウイルスの影響が大きいと言われています。

パパ活をしている男性は経営者や実業家など、自分で事業を運営している人がほとんど。コロナ禍による影響を直接的に受けた男性は収入が下がり、女性に渡せるお手当が減ってしまったとも考えられます。

また、コロナで仕事やバイトをクビになった女性がパパ活を一気に開始したのも、相場が下落した原因の一つ。パパ活初心者の女性の中は、相場よりも安いお手当でパパ活をおこなっていることが多いんです。

安いお手当でパパ活する女性が急増したことで、全体の相場はやや下がり気味といわれています。

【内容別】パパ活の相場まとめ

パパ活は初回の顔合わせから始まり、食事やデート、旅行、大人の関係まで色々なシチュエーションがあります。

シチュエーション別のパパ活の相場がこちらです。

顔合わせ0~1万円
お茶0.5~1.5万円
食事(ランチ)1~2万円
食事(ディナー)1.5~3万円
半日デート(ドライブ)2~4万円
旅行5~20万円
大人2~10万円
定期(大人あり)10~50万円
定期(大人なし)5~15万円

各シチュエーション別の相場を詳しく解説していきます。

【顔合わせ】お手当相場

パパ活の顔合わせは5,000円~1万円程度が相場

パパ活の顔合わせは、お互いの人柄や条件を確かめるための大事な場です。

初対面なので、相手からの印象を良くするという意味でも、顔合わせではお手当を求めすぎない方が後々上手く可能性が高いです。

ただ、顔合わせでお手当を渡さない男性は、基本的にその後のお手当金額も低い傾向があるので、無理して会う必要はないでしょう。

初めてのパパ活顔合わせ徹底ガイド!会うまでの流れ・場所・気をつけることをまとめて解説

【お茶・食事】お手当相場

喫茶店やカフェなどでお茶をする場合のお手当相場は5,000円~1万円程度です。

お茶は1~2時間の短い時間で終わることが多いため、パパ活の中では金額は低めです。

食事の場合、ランチがディナーかで相場が変わります。

ランチの場合は2時間前後で1~2万円程度ディナーの場合は2~3時間で1.5万円~3万円程度が相場となっています。

パパ活はご飯だけでもOK!食事のみの相場・上手く稼ぐ方法を伝授します

【半日デート・旅行】お手当相場

ドライブなどで半日デートをする場合、お手当相場は2~4万円程度です。買い物デートやカラオケデートなども相場は同じくらいです。

旅行の場合は拘束時間が長く、大人の関係が求められることが多いため、相場は5~20万円と高めになっています。

大人なしや1泊2日の軽めの旅行であれば、お手当相場は10万円以内が大半です。

長期間の海外旅行や大人ありの旅行の場合、10~20万円が相場になるでしょう。

【大人】お手当相場

大人の関係は、男性によってお手当金額がかなり変わってきます。そのため、相場も2~10万円と振り幅が大きめです。

大人の関係は女性側が金額の条件を出しやすいので、「いくら以上ならOK」というのをあらかじめ自分の中で決めておくと良いでしょう。

【2022年最新】セックス(エッチ)ありパパ活の相場と3つのリスクを徹底紹介

【定期】お手当相場

定期契約をする場合は、大人ありかなしかで相場に大きな違いがあります

大人ありの定期契約の場合、1ヶ月あたり10~50万円のお手当が相場。会う回数や男性の収入によって金額は異なってきます。

一方、大人なしの定期契約の場合、1ヶ月あたり5~20万円程度のお手当が相場です。大人なしの場合、食事やデートなどがメインになります。

年代別パパ活の相場の違い【20代・30代・40代】

また、パパ活の相場は、女性の年代によっても変わります。20~40代の年代別に、パパ活の相場を紹介します。

【20代】お手当相場

顔合わせ0.5~1万円
お茶0.5~1.5万円
ランチ1~2万円
ディナー2~3万円
半日デート2~4万円
旅行10~20万円
大人5~10万円
定期(大人あり)20~50万円
定期(大人なし)10~15万円

パパ活女子の年代で最も多いのが20代です。若い女性はパパからの需要が高いため、お手当額は相場よりやや高めになります。

もちろん若いというだけで高額のお手当がもらえるわけではないので、相場以上のお手当をもらうためには最低限のマナーや気遣いが必須となります。

【30代】お手当相場

顔合わせ0~1万円
お茶0.5~1万円
ランチ0.5~1.5万円
ディナー1.5~3万円
半日デート2~3万円
旅行5~15万円
大人2~6万円
定期(大人あり)10~30万円
定期(大人なし)5~10万円

30代女性の場合、お手当額はやや下がるものの、食事やデートだけでもそれなりの金額をもらうことができます。

パパの中には落ち着いた大人の雰囲気の女性を好む人もいるため、相手次第では相場以上のお手当をもらうことも可能です。

【最新版】30代におすすめのパパ活アプリ!アラサーの相場&稼ぐコツも徹底解説

【40代】お手当相場

顔合わせ0~0.5万円
お茶0.3~0.5万円
ランチ0.5~1万円
ディナー1~2万円
半日デート1~3万円
旅行3~10万円
大人2~4万円
定期(大人あり)5~15万円
定期(大人なし)3~10万円

40代女性の場合、20代・30代と比較すると全体的にお手当の相場は下がり気味になります。

もし60~70代の経済力のあるパパを見つけることさえできれば、安定したお手当をもらうことも可能なので、根気強く探し続けるのが重要です。

地域によってパパ活の相場は異なる?

結論から言うと、パパ活の相場は地域によって異なります。

東京と地方を比べてみると、東京の方が経済力のあるパパが圧倒的に多いという評判も多いのです。

各地域のパパ活の相場を比較した表がこちらです。

地域顔合わせお茶食事大人
東京0.5~1.5万円0.5~1.5万円1~4万円2~10万円
大阪0.5~1.5万円0.5~1.5万円1~3万円2~10万円
名古屋0~1万円0.5~1万円1~2万円2~5万円
福岡0~1万円0.5~1万円1~2万円2~5万円

どの地域も最低金額はほぼ同じですが、大都市になるほどお手当の上限が高くなる傾向にあります。

東京や大阪は日本の経済の中心地であり、よりお金持ちのパパが多く相場は高めです。

名古屋や福岡は、東京・大阪に比べてパパの絶対数が少なくなるため、相場もやや低めになるようです。

相場より条件が良いと評判のおすすめパパ活アプリTOP5

パパを探す最も手早い方法は、パパ活専用アプリ。お互いがパパ活を目的としているため、条件交渉などの話がスムーズに進みます。

ここでは、相場よりお手当の条件が良いと評判が高いおすすめのパパ活アプリをランキング形式で紹介します。

①SugarDaddy(シュガーダディ)

サービス名SugarDaddy(シュガーダディ)
運営会社シナプスコンサルティング株式会社
運営開始2014年1月1日
累計会員数150万人
月額料金女性:完全無料
男性:5,980円
sugardadyの基本情報

シュガーダディは2014年から運営をしている老舗のパパ活アプリです。運営実績が長いことから利用者も多く、地域・年齢共に幅広い層のパパが揃っています。

また、シュガーダディには「出張検索」の機能が備わっているため、地方に住んでいても出張パパを見つけやすいのが特徴です。

都市部と地方部、どちらのパパ活女子も使いやすいのがシュガーダディの魅力です。

②Love&(ラブアン)

サービス名Love&(ラブアン)
運営会社株式会社Blueborn
運営開始2019年1月10日
累計会員数70万人
月額料金女性:完全無料
男性:5,000円
Love&の基本情報

ラブアンは、プロフィールに動画を設定してアピールできる画期的なパパ活アプリとして注目を集めています。

オンラインでの顔合わせができるため、実際に会っての顔合わせを省きたい女性にもおすすめです。

手っ取り早くパパを見つけたいときは、近くの相手とマッチングできる「今ヒマ機能」を使いましょう。

③paters(ペイターズ) 

サービス名Paters(ペイターズ)
運営会社株式会社amica
運営開始2017年6月13日
累計会員数150万人
月額料金女性:完全無料
男性:12,000円
patersの基本情報

ペイターズは男性の月額料金が高いため、お金持ちのパパを見つけやすいとして人気を集めています。

実際に、ペイターズで出会うパパはお手当の相場が高いとパパ活女子からも評判。

今日予定が空いている相手を探せる「今すぐ会いたい」の機能を使えば、その日に会えるパパを探すこともできます。

④PJ(ピージェイ)

サービス名PJ(ピージェイ)
運営会社株式会社エクリプス
運営開始2019年5月1日
累計会員数
月額料金女性:完全無料
男性:9,800円
PJの基本情報

PJは、年齢層が若い男女から人気を集めているパパ活アプリ。若いパパを探したい20代女性におすすめです。

男性の月額料金がやや高いので、20代後半~30代でお金持ちのパパが多数いるのが特徴です。

他のパパ活アプリと比べると会員数は少なめですが、その分ライバルも少ないので、お金持ちのパパを獲得するチャンスもありますよ。

⑤DROSY(ドロシー)

サービス名DROSY(ドロシー)
運営会社ジュリアンクルー株式会社
運営開始2019年12月10日
累計会員数
月額料金女性:完全無料
男性:7,980円
DROSY基本情報

DROSYは、富裕層の男性限定のパパ活アプリです。他のアプリと比べて女性の会員数が少ないので、パパの競争率が低めになっています。

ハイスペックで紳士的な男性だけが登録をしているため、初心者の方でも高額なお手当をもらいやすいのが特徴です。

登録の際に電話番号やSNS認証などの個人情報を入力する必要がないため、気軽に始められるのも魅力。

相場よりも良い条件のパパ活相手の3つの見極め方

相場よりも良い条件のお手当をもらうためには、より優良なパパ活相手を見つけられるかどうかが鍵になってきます。

ここでは優良なパパを見極めるための3つの方法について解説します。

①相手が「パパ活目的かどうか」を見極める

まず初めに、パパ活相手の目的を知るところから始めましょう。パパ活アプリに登録している男性の中には、単なるセフレ探しをしている人がいるからです。

セフレ探しをしている男性は、風俗を利用する感覚でお手当の金額を提示してきます。このような場合は相場よりも低い金額であることが多く、2回目につながらない可能性も高いです。

大人の関係だけを求めてくる男性はできるだけ避けておき、食事だけでも関係が続くようなパパを探すのがベストです。

②年収とお手当は比例しないことを知る

年収が高い男性だけを狙うのは、実はパパ活初心者にありがちな間違い

パパ活相手の年収は高いに越したことはありませんが、年収が高いといって必ずしもお手当が多いわけではないんです。

例えば、結婚していたり家庭があるパパの場合は、女性に使ってくれる金額が少なくなりがち。そのため、年収2,000~3,000万を超えていたとしても、相場より低いお手当を提案されるというのは良くある話です。

年収を見る場合、最低限の足切りをすれば問題ないでしょう。例えば、独身で年収800万を超えている男性であれば、月に10~20万程度は自由にお金を使えるので、十分会ってみる価値はあります。

③条件が良すぎる相手は注意

まだ会っていないにも関わらず、相場とかけ離れた高額すぎるお手当を提案してくる男性には注意が必要です。

例えば、大人1回30万や食事のみで10万円など、相場から大きく外れている金額を提示してくる男性は危ないかもしれません。

というのも、パパ活をしている中でお金を支払わずにやり逃げをするような男性がいるケースが多数報告されているからです。

また、食事だけと言いつつホテルに誘ってきたり、「ホテルに入らないなら手当を払わない」と脅してきたりする男性も存在します。

そもそも渡す気がないから、相場よりも高いお手当金額を提案しているというわけですね。

パパ活の相場のまとめ

パパ活のお手当相場を内容や年代別に紹介しました。

最後に、今回の記事のポイントをまとめます。

  • パパ活の相場はシチュエーションによって異なる
  • 都市部と地方とでは相場の上限額に差がある
  • 若い女性の方が相場は高め
  • 高額のお手当をもらうためには優良パパを見つけることが重要

今回紹介したのはあくまでも相場なので、やり方によってはこれより高い金額を稼ぐことは十分可能です。

パパ活アプリを利用してリッチなパパを見つけ、相場よりも高いお手当をもらいましょう。